手術室看護師 → 手術室看護師が転職先を選ぶ際の注意点

手術室看護師が転職先を選ぶ際の注意点

初めての転職をする際、自分の希望する条件だけで探そうとするとなかなか見つかりにくいですね。看護師の転職は、いくつかポイントがあります。例えば病棟を希望する場合、漠然と入院患者さんの看護ケアを想像します。しかし病状によって入院する病棟も違いますし、病院そのものも違います。

あらかじめその病棟の種類についての知識がないと、いざ働いた時、イメージしていた職場と違う場合があります。慣れれば大丈夫だと思いますが、将来スキルアップを望むのであれば、自分の望む病棟で勤務した方が有利ですよね。

ですから、手術室看護師求人の転職先を選ぶ時、病院にどんな病棟があり、自分の望む内容か確認します。また求人サイトには、幅広い勤務時間の提示があったにも拘わらず、実際求める勤務時間にずれがある場合があります。面接でこの条件を確認し、シフトの状況を見せてもらうと具体的なイメージができますね。すると勤務と家庭の両立が可能かどうか見えてきます。また病床数でも、どれくらいの忙しさかというのが想像できます。

看護方式は、病院によって違います。今までとは違った看護方式では、最初慣れにくいかと思いますので、心構えをするためにも知っておいた方がよいでしょう。とにかく転職先は、今までの勤務とは違うということを念頭に置き臨みましょう。

さて、求人票に病院の病棟の種類が複数示されている場合、希望通りの病棟に配属が可能か確認しましょう。希望する病棟が、必ずしも求人しているとは限らないのです。

また数年というサイクルで、病棟の異動があります。病棟が違えば看護ケアの内容も違います。向上心を持つことは大事ですが、その道のキャリアアップを考えているのなら、その旨を面接時に伝えておきましょう。

夜勤やシフト状況も、自分の働くモチベーションに繋がります。家族がいる方にとって、シフトの組み方は重要ですね。特に小さいお子様がいらっしゃる方には、重要な要素です。2交代勤務か3交代勤務か、それにより束縛時間が違ってきますので、これも考慮しましょう。転職する際、まず福利厚生などの好条件を求めがちですが、実は勤務先での内容も同じくらい重要なのです。